相続税の配偶者控除のポイント - 相続で配偶者控除を上手く使おう

相続税の配偶者控除のポイント
相続で配偶者控除を上手く使おう > 相続税の配偶者控除のポイント

相続税の配偶者控除のポイント

相続税の配偶者控除について、知っておきたいポイントがあります。
それは、この控除があるため、配偶者にはかなり相続税がかかりにくいんですが、この控除があって初めて非課税となる場合は、必ず相続税の申告が必要です。
コレをしない場合、配偶者にも普通に課税がされますので、必ずこのポイントを確認しておきましょう。

どういうことか、例を使ってご紹介します。
たとえば一家の家計を主に支えていた夫が亡くなったとします。
妻は専業主婦で特に収入もなく、夫の残した遺産が唯一の生活の糧です。
遺産は現金で1億円あり、相続人は妻一人だけだったとしましょう。
このとき、妻は配偶者控除を使えば、相続税は完全にゼロになります。
このときの配偶者控除の基準額は、1億6000万円ですからね。
コレを下回る時点で、配偶者が相続した遺産には一切の相続税がかからないわけです。

ですから、妻にとって相続税はあってないように思えるでしょう。
それでもし申告をしなかったら、相続税がかかります。
配偶者控除やその他の特例を一切使わず、普通に計算した場合、非課税となる財産は基礎控除3000万円と、法定相続人一人あたりの600万円のみで、先ほどの例では合計3600万円のみです。
残りの6400万円には普通に課税されます。

相続税は他の税金よりも税率が高く、6400万円が課税対象になるなら、税率は30%となります。
さらに追加で700万円の控除額はありますが、完全非課税だった時に比べると、受け取れる遺産の金額がかなり減りますよね。
配偶者控除を使ったときに比べると、どうしても損になります。

申告をしないと普通に税金がかかるワケは、相続税の申告によって初めて配偶者控除が適用されるからです。
コレをしない場合、特別な控除や特例などは一切使用しない状態で、相続税の計算がされます。
ですから、配偶者控除を使って初めて相続税が非課税になる方は、必ずその申告が必要です。
いわば「配偶者控除を使って相続税がゼロになりました」という申告をするわけですね。

このように配偶者控除のおかげで相続税がかからない場合は多いと思いますが、申告が必要なケースは多いです。
必要な方は申告を忘れないようにしてください。